内容はレベルによって分かれる

内容はレベルによって分かれる

内容はレベルによって分かれる 一言に着付け教室といってもその内容は、レベルによって様々です。
入門編では着物に関する知識を学び、帯の結び方や着物の合わせ方等に変わっていきます。
その中には浴衣の着方や着物専用の下着の付け方等も入っています。
着付け教室でそこそこ着られるようになると今度は、帯の結び方やフォーマルの着物の着方について学びます。
その内容は順を追って勉強していきますので、初めての人でも分かり易く考えられています。
その中には礼状の書き方も教えてもらえます。
着付け教室では様々な資格についても対応可能です。
資格を取りたいと思ったら申し出れば試験をしてくれ、それに合格すればレベルに合った資格を習得できます。
自分だけでなく人にも着付けすることが出来る(3級着付講師)の免許や、より高度な技術を要する(2級着付講師)のも習得可能です。
「着付技能士」のような国家資格を取ることが出来れば、自他ともにその道の専門家として認められます。

着付け教室を選ぶ時はカリキュラムを確認しよう

着付け教室を選ぶ時はカリキュラムを確認しよう これから着物の着付けを学ぼうと思って、着付け教室に通おうと思っていませんか。
初心者向けであっても意外とそれぞれカリキュラムが多少違っていることもあります。
事前に、どのようなことを学ぶことができるのかを必ず確認しておいてください。
漠然と着付けができれば良いと言う人だけではなく、訪問着が着られるようになりたかったり、浴衣だけでも自分で着ることができれば良いと思う人もいるなどさまざまです。

基本的なことを学ぶ初心者コースだけではなく、その上にどのようなコースがあるのかも確認しておいた方が良いかもしれません。
着付け教室ではだいたい初心者コースだけではなく、上級者コースや資格取得を目指すコースなど複数あります。
自分が着るためなのか人に着せるためなのかまで考えた上で着付け教室を選ぶと、全てのレッスンを受講した後にこの知識を十分に活かせるようになるでしょう。
着付け教室を選ぶ時には以上のことに気をつけて選んでください。

新着情報

◎2021/1/29

内容はレベルによって分かれる
の情報を更新しました。

◎2020/11/27

技術が身につくのは何回から?
の情報を更新しました。

◎2020/9/14

金額の違いがあるのはなぜ?
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「着付け 内容」
に関連するツイート
Twitter