着付け教室についての情報がいっぱい!

このサイトでは手結びのメリットと、習得には着付け教室を利用することの利点についてご紹介します。
日本古来の着物を美しく着こなすのはコツがいりますが、最近では様々な小物類があるので、手軽に着物を着ることができます。
それでも、小物がなかった時代と同様の仕方で着物を着ることには様々なメリットがあります。
こちらでは、昔ながらの小物だけを使用して着物を着ることで得られる利点とともに、その技術を身に着けるためには教室で学ぶことが早道であること、さらにどんな教室を選べばよいかについてもご紹介します。

昔ながらの手結びを学ぶなら着付け教室

昔ながらの手結びを学ぶなら着付け教室 着物を着る場合に、腰紐や伊達締め・帯枕など昔から使われてきた小物だけを使って着る方法を「手結び」といいます。
この方法で着る利点は、基本的な小物のみで着物を着られるため、余分な費用がかからない点にあります。
また、自分の体形に合わせた着こなしができ、腰紐や帯の結び方でどんな違いがあるかがわかってくると様々なシチュエーションに合わせた着こなしもできるようになります。
さらに、多くの小物を使ってしまうと、それらが着崩れの原因となることがありますが、小物類が限られる着こなしであればその心配はなくなります。
手結びを習得するには、着付け教室を利用するのが早道です。
着付け教室は、最初から手結びの指導をしてくれる教室を選ぶと上達が早くなります。

着付け教室の講師として働くためのステップ

着付け教室の講師として働くためのステップ 着物が大好きな方の中には、着付けを教える仕事をしてみたいと思っている方もあるのではないでしょうか。
着物を着る喜びを伝えることができるということは、とても遣り甲斐のあることです。
全国にはたくさんの着付け教室がありますし、自宅で教えることも可能です。
着付け教室の講師として働くためには、どのようなステップを踏めば良いのでしょうか。
着付け教室の多くで、初等科・専科・研究科・師範科・高等師範科など、レベルによっていくつかの段階に分かれています。
初等科や専科、研究科などでは、着物を着る楽しさや自分で着物や振袖を着ることができるように学びますが、師範科や高等師範科では人に着せ付けるための技術を学びます。
これらをすべて学んで無事卒業すると、講師として働く資格を得たり、自分で教室を開くことができるようになります。
教室で教える場合は、自分が卒業した教室でそのまま講師として教えることが多いのですが、求人サイトなどの求人募集に応募する方法もあります。
流派が異なる場合は、数回レッスンを受ける場合もあるようです。
給料は、1レッスン(90分授業)で2,000~3,000円が相場となっています。
時給に換算すればかなり高収入の仕事と言えるでしょう。

着付け教室についてはコチラもチェック

着付け教室 横浜

新着情報

◎2020/9/14

金額の違いがあるのはなぜ?
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「着付け 講師」
に関連するツイート
Twitter